×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

携帯依存症やネット依存症も改善する方法とは?

 

⇒依存症改善プログラム詳細



依存症と一言でいっても、様々な依存症があります。


アルコール依存症もあれば、パチンコパチスロタバコ
などは、昔からもずっとある依存症です。


最近の依存症としては、インターネット依存症やゲーム、
薬物そして携帯依存症(スマホ含む)が多くなっています。


特に携帯依存症は深刻で、いまや小中学生までが携帯を
手放せないという状況を生んでいます。


携帯依存症は、スマートフォンなどの増加に比例して
多くなっていると言われ、主婦やサラリーマンなど
大人でさえも、多いのです。


主だった依存症を上げると、以下のようなものがあります。






その他にも、エクササイズ依存症などマイナーなものまで
含めると、膨大な数の依存症があります。


依存症は、本人が依存症だと自分でわかっているものと、
自分では依存症だと思っていないという2つのタイプに
別れます。


しかし、圧倒的に多いのが後者の


「自分では依存症と思っていない依存症」なのです。


自分で思っていないわけですから、治そうという意志は
ありません。


他人から指摘されたり、注意されることではじめて


「もしかしたら依存症かもしれない」


という意識が芽生えることもありますが、だいたいは
注意や指摘に対して、攻撃的な態度をとります。


攻撃的というより、自衛的と言ったほうがいいかもしれません。


通常、こういう状態の依存症を改善するのは、正直至難の
わざです。


また、他人から見てもわかりにくい依存症もあります。


例えば、形の無いものとして、恋愛家族といったものが
あります。


さて、本当に多くの依存症がありますが、この様々な依存症を
長くても7日間で改善する方法が存在します。


ただし、だれかの依存症を治してあげたいという場合と
自分自身で自分の依存症を治したいと言う場合では、
改善方法が違います。


家族や子供、恋人、知人などの改善をしたい場合は以下から
詳細をご覧ください。
⇒パートナーの依存症を治してあげたい方はこちら


自分自身で、改善したいという場合は、以下から詳細を
ご覧ください。
⇒自分で依存症を治したい方はこちら






携帯依存症をはじめとする様々な依存症を、最短で9分、長くても7日間
で改善する【依存症改善克服プログラム】で、大切な人の依存症が治った
自分自身で改善したと評判の方法 効果 実績 検証 評判 口コミ 喜びの体験談





【パニック症候群克服法】 【かねもとうつ病改善法】 【パニック障害・恐怖症】