×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

間違った勉強方法とは、効率の良い正しい勉強法とは?

 







勉強をしているのに、成績が伸びず偏差値も上がらないので
塾や予備校へ通っている方は多いですが、注意点があります。


それは、有名な塾や予備校に入れば、成績が伸びて合格できる
と勘違いしていないかということです。


塾や予備校の一番危険な点は、あたかも勉強した気になって
しまうことです。


予備校の講師は、授業をとても楽しく、その場ではわかりやすく
教えてくれます。


そのため、講義を聴いた受験生達は、すっかり勉強した気に
なってしまい、満足
してしまいます。


でも、その講義で問題を解いたのは、あくまで予備校の講師であり、
受験生本人ではないのです。


そのままの状態では、受験生は何もできないのです。


わかった気、勉強した気になったまま、受験勉強を一年間続けても、
あなた自身の成績や実力は ほとんど上がっていないのです。


そして、受験本番で何も解けないことに気づき、不合格の通知を
受け取ることになるのです。


では、どのようにして、短期間で成績を上げ、目標の大学や学部に
合格できる実力をつけるのでしょうか。



あなたに知っておいてもらいたい事実は、「勉強すれば成績が伸びる」
「努力すれば合格できる」というのは大きな間違いだということです。


「勉強すれば成績が伸びる」のではなく、


「正しい勉強法、効率の良い勉強法で勉強すれば成績が伸びるのです。」

つまり


「他の人と同じやり方を続けていては、絶対に合格できない」


「もともと頭のいい人の勉強法」をまねしても意味がないのです。


そもそも、頭のいい受験生は、集中力や記憶力が一般の受験生よりも
異常なほど高いため、彼らが実行している勉強法は、平均的な能力の
受験生にはまったく合わないことが多いのです。


ですから、平均的な能力の受験生でも成績の上がる 実践的な勉強法
が必要なのです。


それでは具体的に、成績の上がる 実践的な受験勉強とは
どんな勉強法なのでしょうか??


詳細&喜びの合格体験談をご覧ください。



⇒大学受験勉強法マニュアル【センター試験勉強法】





2010年の入試においても、大学受験勉強法【センター試験勉強法】
を実践された方が国公立医学部医学科を始め、難関大、有名私大に
合格しました。 2011年の入試においても、国公立医学部医学科に
推薦入試(センター試験あり)での合格者が出た試験勉強法です。







【大学入試合格勉強法】 【いらない駅前留学】 【インターネット学習塾】