×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

成績上がる生徒と、上がらない生徒の違いとは何なのか?

 







塾へ通う中学生には、おおまかに2つのタイプがあります。


1つ目のタイプは、自分から進んでへ行き、成績を上げる
ことに真剣で、効果が出ているので勉強をやる気もある。


2つ目のタイプは、塾の必要性はわかっているが、自分から
行きたくて塾に行っているわけではなく、成績も上がらない
ので、勉強をやる気がなくなっている場合。


問題なのは、2つ目のタイプです。


勉強自体が大好きで、喜んで勉強しているという中学生は
いいとして、勉強は好きではないが、しなければならない
という意識はほとんどの中学生は持っています。


ですから、自分から進んで塾へ行ってはいなくても、何とか
成績を上げたいという気持ちは、少なからずあるといえます。


ところが、成績上がる生徒と、上がらない生徒がいるのは
どうしてなのでしょうか?


“ 本人のやる気次第でしょ”


という声が聞こえてくるようですが、確かに “ やる気 ”
は成績を上げるうえで、大きな要因です。


それでは、どんなときにいちばんやる気が出て、本気で
がんばることができるか。


そのことを考えてみれば自然に答えが出てきます。


どんな時かと言うと

「なるほど、こうすればいいのか」

「なんだ、こんなことだったのか」

と、その解決方法がわかったときです。


そして、その解決方法によって成績が上がったとしたら…


その時に初めて、


“ やればできる ”ということを実感し、勉強に対する


“ やる気 ” がはじめて芽生え始めるのです。

塾にしろ自宅学習にしろ大切なことは、


【やっただけのことが、しっかりと成績に表れる】


という勉強方法かどうかということです。


現役の塾長が ” 塾なんて必要ない ”とまで言い切った
学習方法の詳細をご覧ください。

⇒塾不要!中学生の自宅学習のしかた





中学生が本当に成績を上げるためには、家庭における
自宅学習がポイントです。塾なんて必要ないと言い切る
現役の学習塾の塾長が考案した中学生の自宅学習のしかた
【英語&数学の成績が上がる勉強法】効果 実績 喜びの体験談






【やる気を出す勉強法】 【高校受験自宅学習法】 【イージースタディ】