×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

勉強が苦手でやる気のない中学生、高校生を持つ保護者様へ

 






勉強が苦手になって、やる気がない子というのは本人だけで
解決できるでしょうか?


中学生高校生になると、体格もそうですが話す内容も
大人びて感じますが、まだまだ子供です。


自分で解決できるくらいなら、もうとっくに解決している
でしょう。


勉強が苦手になってしまった、それは本人だけの責任では
ありません。



当然、保護者にも責任はあるんですから、保護者側でも策を
講じたり、研究したりする必要があると思うんです。


そうしないと、今のままズルズルと・・・受験、卒業を
迎えるのではないでしょうか?


だからと言って、親が口を開けば子供の嫌がる“お小言”
ばっかりではないでしょうか?


「やればできるんだから頑張りなさい」とか、

「勉強をやりなさい。こんな点数じゃだめよ」など、


子供から “ うざい ” と言われ続けているのに、毎日同じ
小言や根性論的な話を言い続けていませんか?


“小言”は保護者と本人、両者のストレスを増大させるだけです。

何も言わないほうが健康に害を与えないだけマシでしょう。


とはいうものの、大事なお子様が心配なあまり、
どうしても“小言”を発したくなる気持ちは分かります。


“ それじゃどうしろと言うんですか?”


という声が聞こえてきそうですが、実は

勉強の苦手なお子様を持つ保護者様に限定した解決法が
存在します。

【勉強が苦手な子供を持つ親の正しい行動】


という解決法です。


勉強が苦手でやる気のない子が、「勉強しなさい!」
といわなくても、自分からするようになったという
評判の方法です。

詳細と喜びの体験談をご覧ください。


⇒【勉強が苦手な子供を持つ親の正しい行動】



勉強が苦手でやる気のない中学生、高校生を持つ親御さんは
どうしたら勉強やる気をもってくれるのかを、一番知りたい
はずです。そんな時に親としてするべき正しい行動や対応を
まとめた【勉強が苦手な子供を持つ親の正しい行動とは?】
の効果 実績 検証 評判 口コミ 喜びの体験談






【やる気を出す勉強法】 【高校受験自宅学習法】 【反抗期の対応法】